す~さん再び広島市民に 

昨日広島に帰ってきました。
早速ネットも開通しました。仕事速くて助かります( ^ω^ )

Imgp3312.jpg
転入の際に貰った書類の中にこんな物が。
サスが、サッカーチームを持つ都市は違います。
というわけで、5月6日のマリノス戦を希望と。

明日もホームセンター行ったり、すぐ目の前の酒屋に行ったりと忙しいですが、
合間をぬってバイクの修復作業ができればと思います。
スポンサーサイト

観戦報告 南牧耐久トライアル 

エルツベルグの次に過酷と言われる(私の中での基準)南牧耐久トライアルに
知り合いの方が出場するという事で観戦のみ行ってきました。

Imgp2211.jpg
道に迷いながらもなんとかスタート直前に到着。
と言うかナビ通りにトレースしてましたら途中通行止めゲートが。。。

Imgp2205.jpg
いつものエンデューロとは違って1台づつ2分間隔でスタート。
スタート時間に合わせてゴール時刻が設定されるようです。

Imgp2398.jpg
困り果ててしまうコース設定。
でもルートの99%が岩なんです。残り1%が公道でここではバイクを押さないといけない。

Imgp2478.jpg
YouTubeでも有名な滝を登るセクション。
まあ、セクションと言いましても便宜的な表現で実際はここはセクション間をつなぐ移動区間です。
ここを超えなければ本命のセクションにはたどり着けません。

でも、私レベルですとここで体力を使いすぎてしまうので本命セクションにアタックする体力は
残っていないと思われます。

なんとなく雰囲気では分かってましたが、これはトラ車で出るべきレースだなと。

その他の写真はこちら。ご自由にどうぞ。
(最初に左上の「すべての写真」をポチってください。)


Imgp2530.jpg
帰りは時間的余裕がありましたので、下道をのんびり走って帰ってると気になるスポットが!

Imgp2525.jpg
やはり高い所は気になるので、登ってみました。
2つの山にそれぞれある公園をつなぐ吊り橋でした。
人しか渡れないこの橋がどんな需要があって出来たのか非常に疑問ではあります。
ただ、見た目から判るように剛性が高く安定しているので、残念ながら?恐怖感はない。

作業じゃない報告 零戦エンジン始動&タキシング見学会 

現在アメリカの航空博物館PLANES OF FAMEからお借りしているゼロを見に行ってきました。
(もともと日本の物なのでなんだか腑に落ちないが・・・。ま、置いといて)

なぜ今回のタイミングで見に行ったかと言うと、ゼロ戦は製造からもう70年を迎えかなりなご高齢なわけです。
飛行可能な機体であるとはいえ各部品の疲労もあるだろうし、万一壊れたとしたら飛ぶどころかエンジンもかけられない状態になってしまうのでは無いだろうか?

70年前にこの飛行機で戦地に向かったパイロット達が聞いたエンジン音を聞いておきたかった。
これが最後のチャンスかも知れない。

Imgp1533.jpg
絶好のゼロ戦日和。4時からの本番に備え3時間前に現地入り。なので激烈に暑い(〃^ω^)

Imgp1649.jpg
屋外での見学会までの間は涼しい屋内で待機中の52型。

航空発祥記念館ではゼロ戦の展示に加え設計者の堀越二郎展も開催されており、設計資料や写真や計算尺などが展示されておりました。
手書きの設計資料は非常に細かく、かつ丁寧にまとめられていました。
堀越氏、相当な几帳面さんだったようです。

Imgp1665.jpg
展示をゆっくり見て回ってたら、開始時刻が迫っておりました。
すでに私出遅れ(〃^ω^)
が、幸いな事にマスコミ席裏のスペースが空いておりなんとか前が見える位置を確保。

そして撮影した動画がこちら↓

誠に残念な事にエンジン音は私のカメラでは1/100も再現できておらず、
生で聞いた音とは別物です(〃^ω^)

途中輪止めをしてエンジン回転上げていくところなんて鳥肌立ちましたから。
70歳の52型が今にも空を舞いそうな・・・そんな空気でした。


近くで見てた方と「海外のゼロ戦を日本に返してもらいたいね~」なんて話をしてたのですが、
果たしてゼロ戦にとってそれは最良の選択なのだろうか?
飛ぶために作られた飛行機なのに、里帰りしたら国内の安全規制により飛行できないっていう状況でゼロは幸せなのだろうか?
設計意図の通りに使われるのが機械にとっての幸せだろうと私はそう考えています。

IMG_4182.jpg20120527広サバ+584
4駆やモトクロッサーは不正地を走る事が幸せなのだろうと。
不正地過ぎるとの抗議もありましょう。確かにそれは私も薄々気付いております。
返す言葉はございません(〃^ω^)


あ、最後にもうひとつ。
旧日本軍の飛行服着て欲しかったなぁ。。。

参戦計画2013年第2戦 

先週ですが。。。

Imgp0750.jpg
昼間からお酒を飲ませていただきました(〃^ω^)
昼間から飲むとその後何もできませんな。。。


そう。
次戦に向けて準備しなければならないのです。
http://www.scratchmountain.com/
普段は砂取り場として使われているらしい場所です。

私の参戦する150分コースは走破性を重視したコースとの事。
ですが、会場が会場だけにコースの情報がありません。
そして、、、今のところ天気予報は雨w(゚△゚)w

二の舞にならぬようタイヤ発注しとくかぁ・・・

作業計画2013 

埼玉にエツルベルグがありました。
先日イチゴ狩りに行ったのですが、途中立ち寄った芝桜が有名らしい公園の裏山。
武甲山という山らしいですが、、、

Imgp0728.jpg

考える事は同じようです(笑
http://rf3enduro1.blogspot.jp/2012/01/erzberg-rodeo.html


さて、本日のお題は日々の練習について。

特に10月のレースに向けてですが、ライダーの体力UPを継続する事に加え、
バイクに乗る機会を増やしたいと考えております。

勝手に乗っとけばええですやん。という意見はごもっともですが、
めんどくさがりな私には準備と片付けを考えると、そう毎週毎週というわけにもいかず。。。
で、足が遠のくという負のスパイラルへ。

マシンの感触を忘れないようにする程度にでも乗っておきたいと思うわけです。
そうなると、特にコースに行く必要もなく、近所で空き地を見つければ練習はできるでしょう。
こんな感じで↓
http://offbike.com/ritech_net/index.html


必要なのは公道を走れるマシン。これだけ。
ここで選択肢があって、市販のトレール車かYZ公道仕様か。

市販車なら買ったまますぐ乗れるのですが、少々問題がありまして、
置き場所の確保とレースでは異なるマシンに乗る事になるので感覚の相違が生じる点です。
(レースにはレーサーで出たい!)


もう一方はYZ公道仕様。
そもそもレーサーだからそんな事は無理と言われたりしてますが、
合法的に公道を走れるよう書類作成してくれるお店があるようです。

あとは保安部品。電源はこれを使えば大丈夫なのでしょう。
http://www.steahlyoffroad.com/lighting/lighting-coils/yamaha-lighting-coils/yamaha-yz-125-04-09-lighting-coil.html

私の性格上、ここで宣言しておかないと、なかなか事が進まないため書いておきました(笑

あとは株価が上がるのを待つのみ。