作業計画 

あけましておめでとうございます。
2014年初エントリーです(〃^ω^)

ひとつ困った事が。
バイクを陸送すると到着は4月19日になるそうで。
翌週レースなのにそれはまずかろう。。。

2009年と同じ作戦を強いられる事になりそうだ。
幸いな事にYZならバッテリが無いからサブフレームまで外して
さらにコンパクトにできるかもしれない。

Img_5993.jpg

明日はバラシ作業するかな。。。
スポンサーサイト

作業報告9月号 

私とした事がまた騙されそうになってしまった。

先日、夕食時に電話がかかってきて
「インターネット料金に変化はないので、光回線に換えませんか?」と。

値段が変わらないという事で一旦はOKしました。
が、後で調べてみると1500円も高くなる琴が発覚( ゚Д゚)
という事で即キャンセル。

ADSL 8Mに敵うブロードバンド環境はなし!との思いを強くしました( ^ω^ )



さて、9月はさくっと作業。

Imgp1700.jpg
干渉により傷ついたケブラーの高級ブレーキホースをステンメッシュに。
WR250R用をセレクトしてみました。


あとは本番に向けて練習するのみ!!

作業報告No.023 

さて、いよいよ来週です。

結局バイクに乗っての練習できなかったなぁ。。。
自転車は毎日乗ってますが、何かの足しになってくれないだろうか。
あとはスタミナがいかほどか。。。

ま、当日は楽しむしかない!!


そんな状況ですが、とにかくマシンだけは何とかしようと作業をしてました。



レースでもこのくらいの素早い動きを披露したい。

作業報告No.022 

さて、いよいよ来週となりました。
琴引のコースマップを見ますと、セクションが物凄く増えてます^^;
スタッフの方々は大変苦労されたと思います。
感謝の意味も込めてしっかり走り回ってきたいと思います。


で、本日はマシンも最終セットアップ、というかゼッケン貼り付けとエアフィルターの交換をしました。

Imgp0184.jpg
今回はちょっと手間のかかった縁取り文字ゼッケンで。。。



写真を見てこれまでとの違いにお気づきでしょうか?




なんと、撮影機材が新しくなりました!!
こちら。

今、市場に出回っている一眼レフの中で最もカッコいいと言われている(私に)K-30です。
レンズは35mm単焦点。F2.4。



以下、私のYZ144のご紹介を(笑

Imgp0185.jpg
絞り開放で。実際の見た目はボロイですが、写真写りの良いバイクです。

うむ~、ゼッケンがちょっと見えにくいか^^;


Imgp0181.jpg
難所で助けてもらってます。
取り付け作業も楽しかったボアアップシリンダー。


Imgp0182.jpg
よくボケるレンズです。


Imgp0199.jpg
エアフィルターを交換。


Imgp0205.jpg
リアフェンダー。
付属のTwinAirステッカをどこに貼ろうか思案しましたが、
すでに張り付いてました。
今まで気が付きませんでした。

ちなみにTwinAir以外全て縁が無いことにも気が付きました。

作業報告No.021 

今月よりロードワークを再開しました。

そう、琴引に向けて心肺機能の強化が目的です。
バイクより先にスタミナ(燃料)切れしたくない。
欲を言えば3時間ノンストップで走りたい。

という訳でロードワークランキングも復活かな。


さて、フロントフォークオーバーホール第2弾です。

Img_7442.jpg
フォーク下のアジャスターを外しまして(2回目)


Img_7444.jpg
取り外したダンパーASSYから、
新たに投入したSST(中央の八角形と六角形の工具)を使いベースバルブASSYを外します。


Img_7445.jpg
こちらがベースバルブ。左(ブレーキ)側は特に問題なさそう。

が!しかし。右側のベースバルブはフリーピストンと呼ばれる白い樹脂部品が割れてます。
写真撮り忘れましたが、こんな状態。

リンク先画像の様にバラバラにはなっておらず、
とりあえずメタルとシールの位置決めはできるので、そのまま使います。
というか単品部品が無くASSYでしか買えない^^;

ちなみに写真上の棒状の物は減衰力調整のプッシュロッドです。(使い方は後ほど)



Img_7447.jpg左側のダンパーASSY内のオイル。
Img_7450.jpg右側のダンパーASSY内のオイル。

右側のオイルがより劣化しているのは本来隔離されているはずの2つのオイル室が、
フリーピストンのひび割れにより混合してしまったからじゃないかと思います。

Img_7448.jpg
新品のフォークオイル。サラダ油みたいな感じです。
これを左右各200ccずつ投入。
エア抜きをして油面調整します。

マニュアルには油面調整は注射器を使って抜くように書いてありますが、
プッシュロッドで代用できます。
サスペンションの構成部品でありながらSSTにもなるとはKYB設計なかなかやりますね。


Img_7449.jpg
そして再びフォーク下のアジャスターを取り付けますが、
今回はオイルが流出しないように対策。


車体への取り付けも完了したのですが、なんとも煮え切らないのでフリーピストンについて調べてみました。

単品で部品で無いかな~と探してみましたが、国内は無し。


が、海外にはありました!!
まさしくこれですね。

送料はわかりませんが、本体は左右セット、しかもシール付きでおよそ1万円。

純正のベースバルブASSYは片側で1.8万円。
しかも交換しても再度割れる可能性が高い。


という事で、結論出ました!