作業報告2017年11月 

ちょっと早いがトランポのタイヤを冬用に交換する。
ちょっと早いのはブレーキパッドが減ってきてキーキー音が出始めたため。

Imgp3196.jpg
ブレーキパッド交換の際にはタイヤを外さないといけないので、ついでにタイヤも交換。
今日は北部では雪が降ったようなので、北部へ通勤する私にとっていいタイミングだったかも。


Imgp3193.jpg
今回は初めて曙製のブレーキパッドをチョイス。
(日清紡はリア用のパッドを探しきれなかったので、、、)
曙は純正採用メーカーだし、最初から角の面取りしてあるし、これはなかなか良さげ。

しかし、パッドセンターの3本爪はどいういう働きだろうか?
これが付いてるばかりに組みにくい事この上ない^^;


Imgp3192.jpg
だいぶ黄色くなってきたブレーキフルードもついでに交換。

DIYでの交換は2人でやる方法が一般的だが、
これを1人でできるようボトルポンプを試してみた。

ブレーキフルードの吸い出しはポンプ内のバネの力だけが頼りなので
時間はかかったが作業自体は無事完了した。

あと、ブリーダースクリューの根本はエアの吸い込みを抑えるため
グリスを塗っといた方がいい。そのままやるとエアばかり出てくるので。

そして、調べたところによるとキャリパーピストンも一番奥まで押し込んで交換したほうが
キャリパー内の古いフルードがきっちり入れ替わるのでいいらしい。

Imgp3197.jpg
エンジンルーム内のリザーバータンク。

難題が発生。
キャップが開けれないし、開けたとしてどうやってフルードを注ぐのか?


Imgp3194.jpg
よーく見ると、こんなギミックが。


今回ブレーキパッドはリアのみの交換。
フロントはまだ厚みがあるので春までは十分に使えるはず。
スポンサーサイト

トランポ問題 

中古で購入してから10年にわたり走り続けてきたセレナ。
トータル走行距離も20万キロ目前に迫ってきた。
そろそろ新しい車に換えてもいいんじゃないかと思い次のトランポを模索し始めた。

というわけでバイク乗りにとって定番のトランポ選定の記事です。
いや~、私もこれ書いてみたかった(笑)

うちには車がもう一台あるので、トランポに多くを求める必要は無くバイクが載ればいい。
ま、強いて言えば維持費が安いほうがいい。

で、最初に思いついたのが、トレーラー。未知の世界だしなんか楽しそうだ。
トレーラーを軽で引く。
軽も最近流行のトールワゴンが便利かなと思い、試乗。
普段乗る車として全く不足を感じる事が無いのには正直驚いた。これなら普通車いらんなと。。。

早速見積もりしてもらいまして、、、予想はしてたけど、総額200万円オーバー。
素晴らしく良く出来た軽には失礼だが、あまり車に興味の無い者としては決断できる価格ではない。
そう思うと、トレーラーの置き場所やら片付けなどいろいろ気になる点が出てきた。

軽+トレーラー熱は冷めてしまい本案は却下。


次に思いつくのは流れから言っても当然軽トラ。
維持費の安さと積載性、泥汚れが全く気にならない事において右に出るものはない。
ただ、問題もあって、、、車内でくつろぐ事ができない。遠征には向かない。

そして、通勤の事を少し考えてみた。片道40キロ弱あり正直しんどいだろうと。。

軽トラ案も却下だ。


次に頭に浮かぶのはレース会場でもっとも多い4ナンバー貨物車。
ハイエースやキャラバンだ。

早速近所のディーラーでキャラバンに試乗。
ガソリン2Lの乗用車っぽい内装グレードであったが、遅い、うるさい、振動が大きいということを認識。
2駆のガソリンエンジンでもかなりの高額支払いとなるためすっかり買う気を無くしてしまった。


やはり最終的にはミニバンに落ち着くのか。。。
今のトランポで不満なのはバイクを載せるたびにセカンドシートを取り外さないといけない事と
フロントフォークを縮ませないとリアゲートを通過出来ないこと。

後者の解決策としてはC24セレナのハイルーフという選択がある。
早速中古車検索するとものすごく近所の中古車屋さんに在庫があったので早速見に行く事に。

リアゲートの確認。うむ、確かに開口部は広い。
引き続き運転席へ・・・ 当たり前だけど今乗ってるセレナと全てが同じ。。。

家族会議の場で「せっかく新しく車を買うのに楽しみが無い」との意見があり、
確かにその通りだと思いセレナ案も廃案に。


他にトランポに向く車は無いだろうかとしばらくWEB検索を続けた結果
シート取り外し作業が(ほぼ)不要で、フロントフォークを縮ませる必要の無い車を発見した。

4代目ステップワゴンでオプションのセカンドシートが付いた車両だ。
このモデルは開口部高さがセレナより8cm大きい。フォークを縮めなくても車載できそうだ。
そして、サードシートは床下に収納できるのでセレナの様に外す必要は無い。
セカンドシートもシート間がウォークスルータイプなのでここにバイクのタイヤを通すことができる。

ミニバンなのにフルサイズモトクロッサーを載せる事をしっかり意識している車なのだ。
ホンダの開発陣に感謝したい。バイクがヤマハなのは申し訳ないが。。。

Imgp1224.jpg

ということで、新しいトランポとなりました。

本年もよろしくお願いいたします。

作業報告 8月号 

愛車セレナに乗って市民プールからの帰り道。車両の左前方からシャーシャーと音が出始めた。
心当たりはあって、前回車検見積もり時にブレーキパッド残量が少ない事を指摘されていた。
で、ブレーキパッド自体も入手してたのだが、まだ使えるという判断のもと引き伸ばしていた。

でも、さすがにシャーシャー鳴りっぱなしでガソリンスタンドのお兄さんにも指摘される程になってしまったため
1年で一番暑いこの時期に交換という運びに(〃^ω^)

↓症状としてはこちら。


以下作業。
Imgp1468.jpg
およそ16万キロ走行。ローターとかまだまだ使用可能。

Imgp1469.jpg
音が出る仕組みがこちら。
パッドが減ってくるとU字の金具がロータに当たって擦れるため不快な音が出る。

Imgp1473.jpg
新品パッド装着時に必要なピストン戻し作業。
テコの原理にてピストンを押し戻すが2ポッドの場合はもう片方も同時作業しないと、
高級桐箪笥みたいにひとつの引き出しを閉めると他が出てくるという状況になってしまう。

Imgp1475.jpg
で、ピストン戻しに夢中になってると疎かになってしまうフルード残量管理。
キャリパー内のフルードがこちらに戻ってくるので油断してると溢れ出す。

Imgp1476.jpg
で、新品パッドを装着の図。これでまた16万キロ走れる。

Imgp1470.jpg
お約束の新旧比較写真。よ~がんばりましたなぁ~。


そして、恒例?の超絶作業。片側20秒での交換だ。

作業報告 

先日空港まで要人を迎えにいく用事があった。
いつもは電車で行くのだが、気分を変えて愛機で行く事にした。

少々狭い滑走路(みたいな駐車場)に駐機されている愛機に乗り込みエンジンに火を入れようとするが、
なかなか定常運転してくれない。ミスファイヤだ。排気管から出てきた生ガスの匂いが漂う。



とは言ってもこれから電車で行っても間に合わないので、スロットルを開けて無理やり始動させた。
幸いな事に一旦火が入るとあとは問題なく運転できたので大事には至らなかった。


プラグを換えれば問題解決だろうと思い、交換作業を行った。
Imgp0897.jpg
NISSANと書かれているが星型14気筒エンジンだ。

Imgp0899.jpg
イリジウムプラグからノーマルプラグへ。これは予算の都合だ(〃^ω^)

作業報告 トランポ編 

2000年の登録なので結構長く働いていて時々トランポとして活躍するセレナですが、
そろそろ車検の時期が迫ってまいりました。


ミッションからのオイル漏れがあるので、修理も含めてディーラーに車検をお願いしようと
考えていたのですが、冬のボーナスの1/2という見積もりが出てきましたので、
修理だけしてもらってユーザー車検というセコイ作戦に変更しました^^;


で、見積もり時に指摘されたのがヘッドライトの暗さ。
車検場でそんな検査項目あるのかと思って調べてみると
実際にライトが暗くて車検通らないケースがあるとの事。


ちょっとこれはまずいということで、ライトを明るくする作業を行うこととなりました。

Imgp9972.jpg
向かって右側が作業後です。

Imgp9971.jpg
拡大すると違いがよくわかりますね。

ヘッドライトのレンズを磨いてみました。
ホルツ製のレンズクリーナを使用してます。
ピカールみたいなものですが、ピカールほど臭くないです(笑
効果はそこそこありますが、レンズがポリカなので次の車検ではまた磨かないとだめでしょうねぇ。
(まだ車検通ったわけじゃないですが・・・)


他にもライセンス灯の球切れとか、ラジエタキャップとか、ワイパーとか見積もりに記載さえていた
箇所はDIYにて修理させて頂きました^^)





さて!!!

そんな事より今晩の試合ですよ!

そろそろ寿人選手のゴールシーンが見たいですね。
ゴールパフォーマンスも変えてくるらしいのでこちらも楽しみにしてます。