YZ250FのWR化計画 その4 完結編 

そろそろ終わりにしよう^^;
なので、最後はウォーターポンプ以降を全部まとめて。

ウォーターポンプとオイルポンプ、オイルクリーナ、ラジエターはYZもWRも全く同じ。
YZはラジエタにオーバーフローパイプが付くが、WRはリザーバタンクが付く。
そこが異なるが、後述。
2007102901.gif



インテーク(エアクリーナ)はかなり違う。
バッテリがあったり、水の中など過酷な条件での使用が想定されるWRではクリーナ自体が複雑で部品点数も多い。
WR用にするには¥22548の投資が必要となる。
2007102902.gif

2007102903.gif


キャブレターは主にジェット類が異なる。
WRの方が番手が小さいので薄いセッティングと思われる。
(ただ、輸出国にあわせた仕様なのかもしれないが。)
ジェット類で¥8278の投資。

マフラについては騒音規制に適合させる必要もないので、
変更しなくても良いと思うが、その場合キャブレタセッティングも異なってくる。
WR標準セットでは適合しない可能性が高い。
なので、ジェット類のさらなる投資が必要だろう。

クランクケースはボルト1本のみ。¥105

クランクケースカバーはセル取り付け用のためか、その部分の部品が異なる。
WR仕様への追加投資は¥10074

キックスタータは同一。
WRではスタータクラッチというものが追加されている。
セルモータが付いたことへの対応と思われる。この部分が、¥30710

クラッチは基本的に同じだが、コンプレッションスプリングが異なる。
多分バネレートの違いと思う。価格は5個で¥790

トランスミッションは2速を除く1、3、4、5速のギア比が異なる。
ミッションのみの減速比は
WRの場合、2.38 1.75 1.33 1.04 0.81となり
YZは    2.14 1.75 1.45 1.22 1.04となる。
数字だけではわかりにくいのでグラフにすると

2007102904.gif

YZの方がクロスミッションなことがわかる。
ただ、高速域についてはそれほど高いギア比が必要なのか疑問。
と言うかそんなに速く走れないだろうから、1速だけ変更してあとはYZそのままで良いかと思う。
メインアクスルと1stギアで¥7266
シフト関連は同じなので変更不要。

大物のフレームがフロントもリアも違う。
多分ブラケットの位置なんかも違うと思うので、変更した方が好ましいが、
フレーム自体を換えるとちょっとコンセプトが変わってしまう気がするので、とりあえず保留にしておく。

外装のフェンダーはそのままでOKだろう。
サイドカバーはWRではラジエターのリザーバが付くので変更が必要。投資額は¥3655

スイングアームはガードのシールが異なる。
リアショックはバネレートが48が46N/mmになる。

リアホイルは18インチ化しないといけないので必須だ。
部品で買うと¥40804だが、組み立ては難しそうなので完成品が良さそう。
ウイリー松浦
さんとこで買えば値段もそれほど変わらない。
(ハブも付いてるので部品で買うより安い。)

フットレストとスタンドの有無が異なる。
YZにはサイドスタンドのブラケットが無いのかもしれないが、部品価格は¥20819

前後のブレーキは同一なので変更不要。

さて、いよいよ大物のジェネレータ。
ロータ、ステータとも違うので¥28613

スタータモータが¥16806
メータとヘッドライト、テールライトは不要なので予算計上なし。

さらに大物と思われる電装部品。
イグニッションコイルは同じだが、CDIが違う。
給電がマグネトとバッテリの違いだと思う。
さらにリレーやレギュレータなども必要。
純正バッテリは高すぎなので、ホームセンタで購入するとしても投資額は¥52948



さて結果発表に移ろう。
YZのWR化プライスは

¥280891

と驚愕の結果となった。
どおりでネットに情報がないわけだ・・・

カム、ミッション、クリーナなどはそのままとしても20万円は確実に超えるだろう。
さらにこの値段にはフレームや分解組み立て時に必要となるガスケット類も含まれていない。

と言うわけで結論は「無理!」ってなわけで無事終了???

素直にWRを買った方がどれほど合理的が良く分かりましたので、今後はWRに一本化です。

Thank you for your attention.
スポンサーサイト

YZ250FのWR化計画 その3 

おはようございます。

いよいよ納車日が迫ってきました。

期待させるような書き方してみましたが、子供用自転車です^^;

4歳ながら20インチにしました。ちょいと無謀かもしれません。

サイズ的には18インチとなる所ですが、変速もライトもありません。
今までの自転車のタイヤが大きくなっただけなのでなんとも中途半端なんです。
すぐに買い替え時期が来てしまいそうで。
まあ、乗れなかった時は「寝かし」といて足が伸びたら乗ればいいかと。

そう言えば私今までの人生で車もバイクも新車を買ったことありません。
というわけで、せめて自転車くらいは新車を。 


07ncj-02.jpg


で、時期をみて新車のバイクと・・・



さらに本題を書き忘れてました^^;

バルブセクションは全く同じでした。

カムシャフトセクションは排気側のカムが異なります。
イラスト見ても違いが分かりませんが、オーバーラップの少ない設定になってるんでしょう。
で、排気側カムシャフトの価格が¥11655です。

ここまでの変更でおよそ¥37000くらいでしょうか。
ジェネレータのロータも違いますので・・・

諦めずに続く。。。

YZ250FのWR化計画 その2 

2回目の今日はクランクシャフトとピストンのセクション。

クランクシャフトの片側にYZとWRで異なる品番の部品を発見した。
で、イラストを見てみると・・・

2007102601.gif
こちらがWR250Fのイラスト。

2007102602.gif
で、こちらはYZ250F。異なる部品のみを拡大すると・・・
矢印部分が段付きになっていることがわかる。WRはそのままテーパになっている。
(キチンとイラストに反映させているところがエライ。)

この部分にはおそらくジェネレータのロータが接続されると思われる。
電装部品が点火しかないYZとライトやセルモータもあるWRでは発電能力が全く異なるため
クランクシャフトはWRを使いWR用のジェネレータを組まないとだめだろう。

クランクシャフトの片割れだけも購入できるが、素人に組み立てられるわけないので、
ASSY購入となる。

クランクシャフトASSYの価格は¥25515といきなり雲行きが怪しくなってきた。。。

YZ250FのWR化計画 その1 

無理を承知でとりあえずリサーチは続けてみます。

パーツリストはネットで見ることができます。
YZ250Fはヤマハのサイトで。
http://www.yamaha-motor.co.jp/parts-search/index.jsp

で、WR250Fはプレストから。
http://parts.presto-corp.jp/support/

よく見ると2006年式はYZがアルミフレーム、WRが鉄フレームで、比較しにくいので、
両方鉄フレームな2005年式で検索してみました。

エクセルにこんな感じでリスト全てを貼り付けます。
20071025.gif

=EXACT(C5,I5)て感じの関数を入れると2つのセルが同じかどうか判断してくれます。
同じだったらTRUE、違えばFALSEと返してきます。
さらに条件付書式でFALSEだったら文字の色を変えるとかすればさらに見やすくなります。
以上、YZとWRのパーツリスト比較におけるエクセルのワンポイント講座でした。

でまあ、FALSEの所が違う部品が使われているってことなので、この部分を調べていけばOKです。

中古車価格差はおよそ10万円。
追加・変更部品がこの値段に収まればYZのWR化が実現するわけです。

10万円か・・・・  厳しいな・・・ ですが、続けます^^;
とりあえずシリンダーセクションは全く同じです。

そういえば! 

20071024.gif


をっ!
なんか未来が開けてきました。(まだ、確定ではありませんが。)
中古車販売店価格を削除して、違うパラメータにしました。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、黄色はYZ250Fのオークション落札価格です。
こんなに安かったとは。

うちの会社の派遣の人が言ってた事の正しさが実証されるのかもしれません。
とりあえずターゲットを2006年くらいに定めてパーツリスト検討をしてみようかと思います。

でも、「YZ250F セル 取り付け」でググってもそれらしい情報が出てこない所が気になりますなぁ・・・

情報をお持ちの方いらっしゃいますか?

もしかして! 

と思い、調査してみたが残念な結果でしたorz

20071023.gif


前回の調査データに中古車販売店価格を加えてみました。
一目で分かるように黄色が追加分です。

ここまで高いんだったら迷うことなく新車だなぁと(実際買えないですが)そう思いました。

ついに完成! 勝光山動画 

やっとできました。

久々の動画編集でソフトの使い方を忘れてました(苦笑
動画をPCに取り込むこと自体が久しぶりです。

まあ、なんとか使い方を思い出しながら完成しました。

今回のテーマは「全員参加型」です。
当日参戦された方は全て登場するはずです。

基本は私の撮影した写真と動画ですが、
naoさんとミトコさんにも写真を頂きました。

ありがとうございました。
また、当日レースに参加されたエントラントの皆さんも大変お疲れ様でした。


さて動画ですが、下記リンクから見れると思います。

直リンクは
http://www.geocities.jp/keng_s/20071014.wmv

直リンクで見れない場合はこちらのページから勝光山動画へ
http://www.geocities.jp/keng_s/index.html


ちなみにファイルサイズは50Mです。

本日のイベント一覧 

Img_1498.jpg
今日はこんな橋の下で魚釣りです。
近所の小学生が誘ってくれました。
先日実家に帰った時に釣竿を持ってきてたので、ナイスなタイミングです。

Img_1497.jpg
まあ、とりあえず釣るでしょう。

Img_1496.jpg
が、想像通りなかなか釣れないので、石を投げたりして・・・



Img_1504.jpg
最後は水泳です(笑
いや、もう10月半ばですよ。
そんな感覚は持ち合わせてませんので、笑うのみです。

Img_1521.jpg
夜は近所の神社でお祭りだったので再び待ち合わせて一緒に行きました。
なかなか上手でした。
が、ジャンパー着てても寒くて耐えられなかったので、途中で帰りました。

そんな季節の水泳だったわけです。
次は新年の寒中水泳かな。(僕は泳ぎませんが)

勝光山に学ぶ 第3弾  

職業柄、様々な比較検討は欠かせません。
なわけで、価格調査です。

下のグラフはWR250Fの年式とオークション落札価格です。
約半年分かき集めてみました。
以外に出品数が多くて安心しました^^)

20071019.gif

で、新車の場合の決済基準が青い線なわけです。
いずれも当然のことながら新車など無いので、程度で判断することになります。
個人的には「投げ」て無いバイクならOKかと思います。

ちなみにピンクのマーカーが公道走行可の車両で、丸いマーカーがレアル仕様、
三角マーカーはモタード仕様です。
モタード仕様が割高な感じですが、その他の条件ではあまり差が無いようです。


2003年以降のモデルはセルが付いてて価格的にも割安感があります。

2005の45万て・・・・欲しかったなぁ^^;


平日の朝更新。実は今日は有給なんです^^)

勝光山に学ぶ 第2弾  

IMG_1292.jpg


金額によって経費処理ルートが変わるので覚えているようですっかり忘れている
社内の経費処理システムだったりします。
金額に応じて自動で承認処理してくれればと思うわけですが、
個人で物を買う場合にも明確な決済基準が必要です。

そんなわけで08WR250Fをモデルに基準を考えてみます。
08の新車価格が75万円諸費用込みで80万円くらいでしょうか。
日本国内なら多分どこで買おうとこの値段でしょう。

で、新車の08のとなりに同じく新車の07があるとしましょう。
この07の価格がいくらなら買うでしょうか?
5万円の差だったら08を買います。10万円だとどうでしょう。
同じアルミフレームだし、それほど大きな変更も無いはずです。
迷いが生じてきますので、この辺りが落としどころでしょうか。
要するに私の基準では6570万円以下なら「買い」です。

で、同様に新車の06です。こちらは鉄フレームなのでさらに10万円は安くないと買わないでしょう。
というわけで基準は5560万円。

05だと06とあんまり変わらないと思うのでマイナス5万円で5055万円。
04と03もマイナス5万円ずつでそれぞれ4550万円と4045万円。

02以前はセルが無いので却下です。強いて値段を言えば25万円くらいでしょうか。



今回の勝光山での上位勢はみんなYAMAHAでした。
あぁやっぱりYAMAHAかと。
・・・テクニックと関係ないですね^^;

しかもこんなに安く売ってないし^^;

勝光山に学ぶ 第1弾 

上手いライダーの走りは見ているだけでも勉強になります。
(レベルが違いすぎるとあきらめに変わりますが・・・)

で、勝光山でのレースを見て学んだ今後課題となるテクニック特集の第1弾です。
1回目の今日は小さなコブを利用した溝の飛び越え。
という黒ゼッケンの人が主に使う最高レベルのテクニックなわけです。

今回のコース設定だと走行距離が短くなり、さらにスピードも維持できるので
ライバルに差をつけられる大変有効なテクニックです。


Img_1312.jpg
こんな感じで小さなコブをきっかけにジャンプします。
コブはとても小さいので、ただ加速すれば飛べるというものではありません。



Img_1317.jpg
先行動作なしで飛ぶとこんな感じ。ジャンプが低いです。
で、この後はフロントタイヤが刺さったりアンダーガードが着地したりして危険な状態になってしまいます。

何が違うかというとテクニック本にも書かれているサスを縮める動作。
高く飛べる人は結構思いっきり加重してます。
バイクに「ドン」と飛び乗る感じと言えば分かるでしょうか。
で、踏み切りとサスの反動のタイミングをシンクロさせます。
するとこんな小さなコブでも大きなジャンプができるんですねぇ。

実際に生で見てみると良く分かります。
理論的には合ってると思いますが、実践できないとまるで意味が無いので、
次回の練習テーマはこれです。

他のセクションが少々遅くてもライバルの目の前であの溝を飛び越えれば、
少なからず精神的ダメージを与えられるかと思います。

Img_1324.jpg
ヒゲ○ジさん飛んでなかったし^^;


Img_1338.jpg
ワンハンドじゃありません。バイクが先に飛んでます。

このようにリスクも非常に高いので、
完璧にこなす自信を持てるまで実戦では使わない方が無難ではあります^^;

勝光山レポートとバイクの力学 

すっかり秋の風が吹いていますね。風の匂いが秋になってます。
そんな中、Tシャツ姿で子供を保育園に送っていったら
先生に「元気ですね」と言われました。

さて10/14の日曜日は勝光山でサバイバルエンデューロが開催されました。

Img_1478.jpg


今回私は観戦に徹してました。
そして、前人未到(そうなのか?)の自転車で1周走りきりました。
今までにないほどに押しと担ぎが入りました。
原動機のありがたみを痛感しました。
ヒルダウンはなかなか楽しかったですが(笑


紙工作しないといけないので、続きはまた明日。

豆球換えるだけで。 

約1年ぶりにセレナのオイル交換をして、ついでにいつの間にやら切れてしまった
ポジションランプの豆球を購入しました。
運転席側ですし、切れたままだと危険なので交換します。

まあ、小さいサイズの豆球交換などはヘッドライト本体のバルブに比べれば簡単なものです。
が!セレナの場合はボンネットを開けても豆球へ接続されるコネクタさえ見えません。
ポジションランプの上に位置するウインカーアッセンブリーを外しても状況は変わらず・・・
Img_4856.jpg
どうやらヘッドライトをアッセンブリーごとはずさないとダメそうですぅorz

で、とりあえずヘッドライトにもくっついているグリルを撤去です。
クリップで合計9箇所止めてあります。
8個は簡単に見つけられると思いますが、最後の1個は巧妙に隠されてて難易度が高いです。

Img_4863.jpg
で、グリルが外れました。

Img_4860.jpg
捜索難易度が異常に高い1個はここにあります。
エンブレムの「S」の文字の下にクリップ用の穴が。
かなり奥まってて昼間でも暗くてクリップが見えませんでした。


Img_4861.jpg
で、グリルを外してヘッドライト固定のボルト2個とナット2個を外せば
やっとヘッドライトアッセンブリーが摘出できます。
なんで、こんな大げさな作業になってしまうのか・・・


Img_4862.jpg
ヘッドライトアッセンブリーの裏側から豆球ソケットを外し豆球を交換します。
玉切れしないLEDにしとけば良かったなあと思ったりして。
ついでに反対側も交換しておきました。

いかにもサクサク交換してるように書いてますが、実はこちらのサイトを参考にさせていただきました(笑
http://www.k5.dion.ne.jp/~n.c.o/page084.html
ありがとうございました。


Img_4865.jpg
で元に戻してると隣の公園で少年とそのお父さんが野球の練習を開始しました。

ただ、このお父さん異常に厳しいんです。
少年にとっては気の毒ですが、傍で聞いていると笑えます^^;

しばらくキャッチボールをしてましたが、そこで少年がエラー。
「球が取れなかったら命が無くなると思え!」とお父さん。

いやぁ、そりゃ野球そのものより難しいよ・・・



それから今日はバイクのオイルを抜き取りました。
練習前に入れ忘れないように書いておきます。
Img_4854.jpg

サービスマニュアルではオイル指定は10W-40なんですが、
品切れで15W-40を入れてました。
そのせいかどうか分かりませんが、シフトしにくかったり、
ギアが入ったままだとキックでエンジンがかかりにくかったりしてまして。
まあ、とりあえず交換です。

報道陣 

日曜日はいよいよサバイバルin勝光山ですね。

今回は参戦せずに専ら撮影と筋力トレーニングに励みます。
そう、シート高1mの愛車2号で。
Img_1130.jpg

いわゆるMTBなんですが、今までマウンテンを走ったことがありません。
デビュー戦なわけです。登れるんでしょうか???

まあ、そんなわけで、今回は静止画と動画の両方を記録したいなと考えてます。
撮影希望の現場があればすぐに駆けつけ撮影します。(正確には、努力してみます。)

では、現地で会いましょう。

明日は移動用セレナの車内の掃除とオイル交換をしておきます^^)

購入シミュレーション 

資金面は置いといて実際乗ってみるとどうなのかとシミュレーション。

シート高は990mmなので、自転車のシートを990mmにセットしてみました。
Img_1129.jpg
こんな感じです。フレームが小さいタイプなので少々違和感のあるルックスです。
シートは確実に腰の高さになってます・・・


で、乗ってみると
Img_1130.jpg
足がつりそうです^^;
が、跨れない事も無いかな。。。

サスの沈み込みとか、ワダチとか有利な条件が重なれば問題ないですね。

で、リンクさせてもらってる転倒日記の管理者さんも過去記事を読むと、
私と同じ身長のようでなんとも心強いです。

この点をクリアすれば次はバイクの重量問題ですが、これも筋トレで解決。

やはり最後に残るのは資金の問題でした^^;
さて、どうするかな・・・

親子で遊ぼう 

てなタイトルで昨日は保育園のミニ運動会でした。

FC2ブログのサーバ容量は1Gもあるのに2%しか使ってないので、
今回も写真を多めにしました。

カメラのレンズは初期デフォルトのEF-S 18-55を使用しました。
軽くてAFが速いので、最近よく使ってます。
室内では暗くて使えませんが、屋外ではなかなか重宝してます。

Img_1019.jpg
というわけで、雲がまるで無いほどの良い天気でした。
でも日陰に入ると涼しくて良い季節になってきました。

Img_1027.jpg
かけっこの状況。
私は足が遅いですが、息子はなぜか速いのです。
その昔奥さんが速かったそうな。。。

Img_1121.jpg
年長さんのリレーにスポット参戦した園長先生を見守るの図。

そんなことをしてる内に運動会は終了。(1時間しかやらないので。)
物足りないような気もしますが、そのぐらいの方がいいのかもしれません。


午後からは息子とよく遊んでくれる小学生の運動会もあるというので観戦に。
いきなり応援合戦してました。
応援合戦て意味が分からんですね。
というかずばり無意味だと思ってます。なので嫌いです。

あとは普通にかけっこ、障害物競走、棒を持って走るみたいな競技がありました。
ですが、息子の友達の姿は確認できず・・・

ただ、全体的な印象としてここの学校では運動会も参観日くらいの
イベントに成り下がってしまった感じを受けました。
理由:
・基本は立ち見(なので場所取りもなし)
・昼食は親子別々
・子供達に躍動感がない
なんだか寂しい気持ちで帰途につきました。
運動会が全てではないですが、息子をこの学校に通わせるのはどうか?
と感じる運動会でした。

その後の畑 

夏に向けて大盛り上がりだった家庭菜園も夏を過ぎると下火に・・・

起死回生の種蒔きをしましたが、水遣りをほとんどしなかったため全滅・・・

で、再び心を入れ替えて種蒔きをしました。
今回は土が乾きにくいようにマルチも施しました。
ちょっとくらいのうっかりミスならカバーできます。

種蒔きの次の日(9月30日)に早速水遣りをしに畑に。

Img_0994.jpg
威嚇されてしまいましたが、


Img_0997.jpg
気を取り直して。。。


Img_1002.jpg
で、本日早朝も水遣り。マルチのおかげで土が乾いていません。


Img_1000.jpg
そして!
何の野菜かよく分かりませんが、芽が物凄く出ていました。
(奥さんが種蒔きしてたので・・・)
マルチがここまで効くとは思いませんでした。
保湿・保温のW効果なんでしょう。

収穫が楽しみです。