2007総集編 

今年も白組でしょうか?
っていつも見てませんが。。。
でも、今年はアンジェラも出るので見たいですね。(アンジェラだけね)

無人島生活も楽しいんですが、最近のテレビの過剰演出の影響で
どこまでが真実なのかわからず素直に楽しめなかったりします。
ほんとにあんなでかい魚が撮れるのかとか、
シュノーケル付けたままで喋れるのかとか、
それならシュノーケルにマイクがついてるのか?
防水仕様なのか?とか・・・


さて!
年末恒例の総集編です。
(2回目ですが。)

今年は3回レースに参戦しました。
初めて出た時はほんと辛かったんですが、
最後のレースでは納得の行く内容で締めくくれて良かったと思います。

来年の目標ですが。
来年はトレール戦とサバイバル戦にフルエントリーする事です。
サバイバル戦はこれまで未経験の4時間ですし、
バイクも換わりますので非常に不安要素が大きいです。

ただ、今年の経験からどうすればいいかはおぼろげながら見えてきたので、
あとは努力するのみです。
特に持久力や自転車のトレーニングが効果的と感じました。
(実車、実戦に勝るものはありませんがそれは置いといて)

そんな感じで。
来年はバイクに全力投球です。
スポンサーサイト

作業報告 No.0007 

メインで使用しているデスクトップPCが起動不能になりましたので、ノートPCで更新しております。
一度ダウンしてその後、息を吹き返したのですが今度は本格的にダメそうです。
CPUが異常加熱すると強制的に止まるのでもしかしたらヒートシンクがホコリだらけなのかも
知れません。とりあえず開けてみます。

で、だめなときはPCを更新。
次はmicroATXで省スペースPCを考えてます。
10年以上使ったPCケースも交換です。
で、Core2Duoに行っときたいところですが、負荷をかける使い方が少ないので
Pentium DualCoreかなと。


まあ、そんな家庭の事情は置いといて

作業報告です。

IMG_2091.jpg

まずはスプロケットを交換。
フロント14T、リア48T(前オーナーが交換)は試乗した時に1速でも速過ぎると感じたので
標準仕様の13T-52Tよりさらに遅い13T-54Tとしました。
ずいぶんデカクなりました。

IMG_2097.jpg

スイングアームのオイルシールも交換しました。
カラーを入れるときにリップが曲がりやすいので要注意です。

そんなスイングアームとリアホイルを組み上げました。

IMG_2100.jpg

で、こんな状態。
後ろに座ってるのは近所の子でネット初登場(だと思う)のさきちゃん。

彼女が現れると作業は一時中断。
無茶ばっかりするんです・・・ラチェットハンドルで畑を耕したり、
プラハンで石を叩いたり、、、

でも、まあこんな寒い時期にも元気に外で遊んでいるところは評価できます。
(とフォローしときましょう。)


もうちょっと作業は進んだのですが、その報告はまた次回・・・
あ、年末総集編も書かなければ。

作業報告 No.0006 

こちらも修理が必要なようで・・・

20071224.gif
セレナのディストリビューター。
2、3週間前からエンジンオイルが漏れ出してたので、
昨日某カー用品店JMSに点検してもらいに行きました。

漏れている場所的にエンジンとミッションのつなぎ目のガスケットかなと思ってましたが、
どうもデスビのようです。

エンジンを下ろしたりする大作業じゃないので、まずは一安心。
DIYで修理できそうなので、部品代だけで済みそうです。

が、しかし!
22162のデスビキャップ内部にまでオイルが到達してました。
22100EのOリング不良ならヘッドとデスビのシール面で漏れるはず。
と言うことはデスビ本体内部のシール不良なわけです。

で、パーツリストでも分かるようにアッセンブリーじゃないと買えません。
価格は驚愕の55200円。

S12リアタイヤが7本買えますね・・・

デスビ内部には光学式のクランクアングルセンサーがあるので、
大量にオイルが入りセンサーが汚れると多分エンジンが回らなくなります。

方策を考えねばなりません。


さて、バイクの方ですが、
リアタイヤの組み付けは1時間で終了しました。
学習の成果が現れたようです。

しかしリムが傷だらけ^^; 
もうちょっと高級なタイヤレバーを購入したいですね。

Img_4947.jpg
リンク周りにも着手しました。
ここまでは順調。
ついでに清掃もして、リンクが輝きを取り戻しました。

Img_4946.jpg
スイングアーム。
4箇所のオイルシールが全部ダメでした。
リップが折れ曲がったまま組まれてました。

リンク部のナットも1箇所緩んでいたりして油断ならない車両です。
オーバーホール時の作業ミスなのか、最初からこうだったのか???

とりえあず今日は作業終了し、部品を注文しておきました。

作業報告 No.0005 

まだ前輪しか終わってませんorz

過酷な作業なんですね。
特にレースがあるわけじゃないので時間的な制約は無いんですが、
レース前日にこの作業をこなすとは恐れ入ります^^;

Img_2040.jpg
さて、作業場の様子。
少しでもゴムを柔らかい状態にするため外より気温の高い玄関で。
苦労しながらやっと片側入れたところです。

Img_2043.jpg
で、今回使用したIRCのヘビーチューブ。
こちらはリア用ですがホントにヘビーで驚きました。
前後合わせてノーマルチューブより約1Kgの重量増です。

Img_2041.jpg
朝から始めた作業ですが、昼過ぎにやっと前輪が終了。
タイヤを外したついでに清掃とグリスアップをしていると、、、

Img_2042.jpg
ベアリングがK○Cじゃありませんか。
こんなところでコストダウンしなくても・・・
結局そのまま組みましたが。。。

で、本日はリアタイヤの取り外しまではやりました。
と言うか、ホントはリアタイヤも組みたかったのですが、
2個のビードストッパーを攻略できずそのまま作業終了しました^^;
腰が限界です。

明日も早朝から作業開始の予定です。
リアのリンク周りもばらしてオーバーホールしたいと思います。

作業計画 No.0002 

昨日は諸事情により写真が撮れませんでしたが、
こんなプレゼントを用意しました。

Img_2037.jpg

で、充電中。

バッテリが非常に小さいです。コネクタもちょっと形状が違うので、
通常の1/10モデルじゃないことが、詳しい人には分かるかな?

初期のタミヤのRCをリサイズ&モディファイして完成品として出されたのが今回の
モデルなわけです。

サスペンションも4輪Wウィッシュボーンにパワーアップされてます。
(昔は安上がりで動きの悪いサスペンションでした・・・)

早く走らせたいですねぇ。
(私のRCじゃないんですが)



Img_2035.jpg

さて、こちらが「す~家ボーナス商戦」で得た利益で購入したWR用パーツ。

おまけでつけてもらったダンロップのリアタイヤはミシュランのS12フロントタイヤに、
保安部品キットはS12リアタイヤに、
長年愛用したスノーボードセットは、チェーンとチューブに、
奥さん用だったスノーボードセットはスプロケットを含む純正部品へとそれぞれ変化しました。

オークションのシステムを考えた人って偉いですね。
私のバイクライフもオークションにより支えられています。


で、作業の計画としては、「このパーツを全て投入する。」という事です。

作業報告 No.0004 

サンタのプレゼント手配完了しました。

すぐに走れるようバッテリを充電して、3連休で遊べるように「あわてんぼうのサンタクロース」
ってことにしてと・・・毎年素直に喜んでくれるので、準備・計画に余念がありません。

でも、いつかこのブログを知って、サンタがお父さんだったって事を知る日が来るのだろうか。

まあ、そんな先の話は置いといて。。。


先日の作業報告。
今回は間違い探しです。

Img_1965.jpg


Img_1966.jpg

効用として、アイドリングが安定しました。
(まだ、多少ばらつきますが。おそらくヘッドのオーバーホールが必要でしょう。)

ジェット類もそのままなので、様子を見ながら換えていこうと思います。

Img_1968.jpg
正解者にはこの謎のアイテムを贈呈!

いらんか・・・

作業報告 No.0003 

今年はお父さんサンタが出遅れています。

昨年はバイクのラジコンで今年はヘリコプターのラジコン(ヘリQ)にほぼ決定し、
近所に探しに行きましたが、売り切れ。。。
ネットでも全滅。

オークションで見るとプレミアがついておりました・・・orz

先々週は店にも在庫があったのに・・・そんな人気商品だったとは。
時期的に遅すぎるのも原因でしょうけど。

どうしようかなぁ・・・



さてさて、作業報告です。

yoshioka4-img600x450-1193788006cimg3944.jpg
購入時にはキーのメインスイッチが不調とのことで、このようなトグルスイッチがついておりました。
タイラップ固定ですし、見た目もイマイチなので、交換です。

Img_1963.jpg
キーシリンダーを取り付けるブラケットを改造しました。
ドーナツ型の鉄板を溶接し、穴径を縮小してます。

Img_1964.jpg
で、スイッチは定番のエーモン製。
スイッチONにするとCDIから12Vが出るのでそれを利用して内蔵LEDが光るようにしました。
要するに純正と同じ仕様です。
ただ、問題はエーモン製品は車用なので防水仕様でなないって事です^^;
ま、洗車時に注意すれば大丈夫でしょう。。。


Img_1961.jpg
トレールEDが気持ちよく走れたので、帰り道でトルクレンチを買ってしまいました。
まあ、いつかは買おうと思ってましたが。
で、これはスエカゲツール製で3000円ちょっととトルクレンチとしてはこれ以上ないほどに
安い製品なんですが、なんと校正成績書がついております。

計測器の校正って法外な金額を取られるイメージがあるので、
こんな安い製品を校正してるってことに関心しました。

トレールエンデューロ第4戦 最終戦テージャス大会 

お疲れ様でした。
(私の指もお疲れのようで上手くキーボードが打てません。。。)

無事に最終戦が終了しました。
今回は自分自身納得の行くレースができてとても満足しています。

気温が低く体力を消耗しなかったのか、トレーニングの成果なのか
分かりませんが、最後まで走り続けられました。

Img_4938.jpg
マシンに取り付けたアワメータも2時間47分を示しており、
転倒のリカバリや給油、小休止の時間が13分だったことがわかります。
(前回の勝光山は1時間ちょっとしかエンジンが動いてなかった・・・)

さて詳細レポート。
Img_4935.jpg
今回はもみちゃんのお誘いもあって、これまでのレースで初となるコースの下見を実施。
テージャス山の頂上から美しい風景が撮影できました。
・・・じゃなくて^^; 下見ですよ。
今回、自分的に好成績が残せたのは下見をしたことがかなり大きいと思ってます。
いわゆるボーナスラインが至る所にあります。
ムダなスタックを無くしたり、時間の短縮ができるわけです。
今後はレース前の下見を必ず実行していきたいと思います。

Img_4936.jpg
さて、スタート前の準備風景。
レース中の写真はありませんが、順を追って説明すると。
(私の視点からのレポートなので、実際に走った人しか分からない内容だと思います。すいません・・・)

スタート~集計
ゆっくりスタートなので、パラグライダ斜面のウォッシュボードが大渋滞で通れませぬ。
しばらく待ってる間にほぼ最後尾に。
で、小さめのステアの上り下り。
4駆広場付近の4駆のワダチを横切るセクション、テージャス山の登り、下り。
牧草地際のステア、工事中セクション、ダンプタイヤ洗いの上、2輪パドック付近、集計。
1周目はコースの途中からスタートするので、距離も短く特にスタック箇所もなし。

2周目
2輪パドック奥のヒルク。ここは前回の練習で結局登れなかったセクションです。
ここが難関だなあと思ってたらやはり登れませんでした。
真ん中、右側の草のライン、左の木の間のラインと試しましたが登れず。
再び真ん中を狙って無事に登頂。

加速の仕方がまずかったようです。
ポイントはフラットな所から坂の半分まではシッティングでリアに加重をしっかりかけて加速。
で、坂の後半は路面が荒れているのでスタンディングを意識してバランスを取ることを重視。
3周目からは全て1回で登れました。

次はパドック奥の沼地。沼まで降りてはダメって事が分かってたので楽なラインでクリア。
ちょっとしたヒルクのあと、下りキャンバー。
右側ギリギリが傾斜が緩くグリップも良いラインでした。
下ったらすぐにヒルクですが、前回練習した場所なので問題なくクリア。
馬広場の下辺りを通って、道路に近い場所のヒルダウン。
コンクリート道を横切ってヒルク、再びコンクリート道に戻って、タイヤ洗い。
細い一本道からヒルダウン。工事中セクションとジャンプ。
で、問題のV字谷を横切って行くセクション。
(イメージとしてはスノーボードのハーフパイプ)
下見をしてもベストと思われるラインが分かりませんでした。
ここで、先行されてたもみちゃんを発見。
しかし、スタックや押しが入り追い付けず。
が、以外にグリップが良くなんとか抜けられた。
赤土道を登り、、、何だっけ・・・^^;

牧草地際か。そこから沼方向へヒルダウン。
再び上って下って、下って。ウッズの湿地帯で再びもみちゃんを発見。
梃子摺っている様子。
前回練習したフロントアップで上手く抜けられた。
もみちゃんもパスしてしまった。チーム内最高位だ。
で、逃げ切れないと思うが逃げ体勢へ(笑

(少々省略して)テージャス山裏のショートカットヒルク。
最初ショートカットと気付かず猛然とアタック。
ライン上に転倒者もおり、失敗。もみちゃんに抜かされる~
一旦下る。さっきまで順番待ちしたいたライダーがいない。
あれ?ってなわけで、ショートカットヒルクだったことに気付く。
遠回りルートへ迂回。

テージャス山付近のウッズやキャンプ場付近のヒルク、
ジャリ道下の沼地、造成地のアップダウンからスタート地点の牧草地へ。
牧草地だけは全開走行で気持ちよかったです(笑

最終周はもみちゃんとのバトルもあり、非常に楽しかったです。
結局つまらない所で私がミスして抜かされましたが・・・

集計前までたどり着くと、チェッカー待ちが10台ほど。
10分以上余裕があれば次の周回に入る勢いでしたが、
手元の時計では3時間ピッタリ。1分も待たずにゴールとなりました。
(ムダに長いレポートですいません。後で修正します^^;)

Img_4937.jpg
今回無事に3時間戦ってくれた愛車。
お疲れ様。そしてありがとう。

キレイに磨いてあげたいと思います。(出品するので・・・)


Img_4941.jpg
入賞された方々。いつかは私もここへ。

帰宅中の車の中で衝撃的な事実を発見してしまいました。
(いや、当たり前の話ですが。。。)

トップが今回10周。私が5周。倍の周回数です。
速度、時間、距離の計算式に当てはめると同じ時間で進んだ距離が倍ってことは、
速度が2倍なんですよ!!!
今の2倍の速度で周回しないといけないのかと思うと、
改めてレベルの違いを痛感しました。

でも、頑張りますよ。

集計表
コース練習レース
テージャスランチ
弘楽園
勝光山
通算13

最終戦前夜 

いよいよ、明日です。
本年の締めくくりとして輝かしい成績を残したい所ですが、
そんなに急成長してないはずなので、納得のいくレースができれば
(3時間フルに闘う事)と思います。

愛車KX85も明日が最後のレースとなります。
素人ライダーの無茶な運転で相当ストレスが溜まっていると思いますが、
明日の3時間持ちこたえてくれることを祈ります。

最終レース前の相当ヤレた雄姿を載せようと思ったのですが、写真が転送できなかったので、
20071208kx85.jpg
車体購入前のキレイな雄姿を。。。


で、ここから個人的内容ですが、忘れ物チェック。前回のフォーマットを流用して。

準備編
・体調管理(手洗いとうがい)
・ゼッケン作成と貼り付け(前レースで使用したまま)
・燃料購入と混合
・スペアパーツ受け取り
・前輪チューブのギロチンを修正
・エアクリーナ清掃
・水補給
・チェーン給油(本番前にもう一度)


当日持参品
・整備の行き届いたバイク
・キレイに洗濯したウェア
・ヘルメット、ゴーグル
・プロテクター(胸、膝、肘、腰)
・ブーツ
・グローブ(軍手含む)
・ウエストバッグ
・スペアパーツ(レバー、ペダル)
・混合燃料
・オイル、CRC、ウエス
・スタンド、ラダー
・飲料水とキャメルバッグ
・タコメータ
・愛妻弁当
・AIキャンセルキット(参考までに)
・カメラ
・着替え、タオル
・長靴

準備OKです。

おっ。エントリーリスト出ましたね。
http://www.ne.jp/asahi/sp-tadao/hiroshima/2007TED4_ENTRY.htm
オープンクラス出走85台です。
1回目、2回目のレースは50台弱だったので、今回は多いです。

作業計画 No.0001  

昨日は仕事を早く切り上げ、広島厚生年金会館に行っておりました。
アンジェラ・アキのライブです。なんと4列目!
すぐ目の前で、時折生声が聞こえる距離です。

mian_bg01.jpg
(参考画像:昨日は73番のシャツでした。いや、ほんとこんな感じの距離感です。)

近年まれに見る大物日本人シンガーソングライーターなので、行かないわけにはいきません。
実は彼女の歌は知ってるのですが、彼女自身のことをほとんど知らなかったりして、
静かに歌うんだろうなあと勝手に思い込んでたんですが、良い意味で見事に裏切られました。

総合エンターテイナーと言いましょうか。MCで笑わせてくれる。しかも話が長い。
あぁ、こんな人だったのかあと認識を改めました。

ただ、歌詞の内容を聞いていると、全く正反対の一面もあり、
苦労してきたんだろうなぁと思わせます。
初めて見たライブがMr,BIG(10年以上前か)で、
プロのライブを見るのは今回が2回目だったわけですが、
言語を共有できる邦楽ライブもいいものですね。

さてさて、WRです。
欧米あたりの排気ガス規制対応のため、WR250Fも排気ガスの浄化装置が取り付けられています。
AIS(AirInductionSystem)という物で、日本語的に言うと2次エアです。
排気ポート内に空気を送り込む事で、未燃ガスを酸化させ浄化するシステムです。

当初私は勘違いしていて、EGR(ExhaustGasRecuricuration:排気ガス再循環)の
一種かと思ってましたが、違いました。

EGRは燃焼済みのガスを再び吸気に戻すことで、燃焼温度を下げてNOxの発生を
抑制したり、パーシャル域でのポンピングロスを低減することが目的です。
この場合実際にシリンダ内に入る新気が少なくなるため充填効率が下がりますので、
出力ダウンしてしまいます。

が、AISの場合排気ポートに空気を送り込むだけなので、シリンダ内への新気量は
ほとんど変わらないと思います。
(極僅かに排圧が上がってヌケが悪い状態になっているかも知れませんが。)
環境に優しいライダー的にはつけたままでも特に不具合はないと思いますが、
体力とライディング技術の少ないライダーにとっては体力的な負担増加と
転倒時などにおけるAISの破損が招くトラブルなどを回避するためにも
外しておいた方が良さそうです。

非常に幸いな事にAISキャンセルパーツが付いていましたので実行するしかないでしょう。
交換用のジェット類も付いています。

gyt-5um93-69-00-500.jpg
こんな感じのセットです。

作業報告 No.0002 

今日はスーパーエンデューロの日ですね。
出場される方、ご検討をお祈りします。
いわゆるゲロレースじゃなく、こんなさわやかなレースも面白そうですね。
そのうち出てみようかな~と思ったりしますが、
もうちょっと上手くコーナリングできた方が楽しいと思うのでしばらく先の話でしょう。

さて、作業報告ですが今回は電装系です。
WRは年式によってはヘッドライトを消したまま走行するとバッテリ上がりを
起こすという事がネットで良く書かれています。
ヘッドライトはACジェネレータからのAC電源をそのまま使用しているのですが、
このAC電源を使わない状態にするとなんとDC電源への変換が不調になるそうです。
DC電圧が上がらなかったりするそうで、そうなるとバッテリへの充電ができません。

参考ページ

ランクルのホームページ の バッテリー搭載Ver.3 Page3
サービスマニュアルにはACジェネレータの内部結線が書いてないため良く分かりませんが、
おそらくWRはこちらのページのVer1かVer2に相当するんじゃないかと思います。

http://www.k4.dion.ne.jp/~kmworks/index2.html の 全DC化&HIDプロジェクタ
YZにセルをつけておられます。油圧クラッチも。欲しいアイテムです。

で、情報はそれなりに揃ったので実験してみました。
ライトをつけた状態とつけない状態でのバッテリへの充電電圧です。
マニュアルによると適正電圧は14~15Vです。

結果はライトの有無にかかわらず電圧は14.6V程度ととても安定していました。
エンジン回転数にも影響されません。
テールライトを消しても変わりませんでした。

Img_1921.jpg
何年式からか分かりませんが、レクチファイヤ/レギュレータが変更され
上記問題は対策されたという話もあります。
そういえば、オークション出品の説明欄にDC化しているとも書いてありました。
コイルとレクチファイヤ/レギュレータが変更されているのでしょうか。

結局よく分からないですが、ライトは点けたままにしておこうと思います。
とりあえずバルブが切れたり、破損しても充電には問題なさそうってことで。

調査結果<年式別レクチファイヤ/レギュレータ比較>
2001  5GS-81910-50 VOLTAGE REGULATOR ASSY 3,581
2002  5GS-81910-50 VOLTAGE REGULATOR ASSY 3,581
2003  5TJ-81960-00 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 4,358
2004  5TJ-81960-02 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 4,358
2005  5TJ-81960-02 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 4,358
2006  5TJ-81960-80 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 6,279
2007  5UM-81960-E0 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 5,838
2008  5UM-81960-E0 RECTIFIER & REGULATOR ASSY 5,838

2006年用が最高値です^^;