第36回公式練習in白井トライアルパーク 続き 

昨年秋くらいからこのままでいいのかなっていう疑問が出てきまして、
チーム移籍という結論に達しました。

本年より新しいチームで活動しています。
(チーム オフの大将の話ではございません。)

それに伴いまして私のサッカーコーチ(あまり役に立っていない)も終了となりまして、
土日は自由な時間が増えました。
この時間をバイク関連に使うことにし、技術の向上を図ろうと思います。




そんなわけで、一昨日の日曜日に白井へ行ってきました。(昨日も書きましたが、、、)

短いですが、動画を撮ってみました。(撮影班でしたので、私自身は出てきません。。。)

名前の通りトライアルコースなので大きな岩がゴロゴロしてます。
私は行ったことないですが、西の「幸楽」もこんな感じなのかなと想像してます。


マシンの方はほぼ完成の域に達してるんじゃないかと思います。
我ながら、ちょっと言い訳の出来ないマシンじゃなかろうかと・・・

なんと言ってもその軽さが私にとって大きなアドバンテージになっています。
気持ちの面で「倒したらどうしよう」という不安要素が無くなった事により
リラックスして乗れるようになりました。
多分WRでも「行ける!」っていう気持ちで乗れてればなんて事無かったんでしょうけど。

昔、熊さんが言ってました。
「バイクを信じて乗れ」と。
ようやく意味を理解し、出来るようになってきました。



2mほどの斜度のきつい岩のヒルクを登ろうとして頂上付近で失速し滑落しそうになりました。
幸いバイクは頂上に残ったのでダメージはありませんでしたが。
この辺りの低速トルク感とクラッチワークを身につけなければなりません。


マシンもいい感じに仕上がってきましたし、気候も良く、非常に楽しく遊べました。

また行きましょう!!
スポンサーサイト

第36回公式練習in白井トライアルパーク 

昨日もまた、いつもの白井トライアルパークへ行ってきました。

ガレ沢っていうシチュエーションがなかなか無いので、ちょっと遠いですがここまで来てます。


今回は職場で席が隣同士なのに、今まで一緒に走ったことが無いN澤さんも参加しまして、
全5台となりました。

IMG_7237.jpg

今回の私のマシンはタイヤとスプロケとキャブレタセッティングを変更してます。


タイヤは初めてのトラタイヤ、IRCツーリスト。(貰い物)
ロックや根っこでの圧倒的なトラクションと長寿命と言う事でついに投入しました。
(ま、貰ったので。。。)

中古なのでブロックの山の高さは低いですが、
そんな事は関係ないようによくグリップしてくれました。

濡れた岩のあるガレ沢登りでも滑りませんねぇ。

ゴムの柔らかさでもって路面を掴む感じなので、
ゴムが硬化するまで使えるんじゃないでしょうか。




スプロケットは
P1010114.jpg
DRCの鉄スプロケットにしてみました。
純正もWR用は鉄ですが、肉抜きがしてなくて重いんです。

重いって事は強度も高いわけで、
転倒した時にスプロケットが横方向に押される力がかかると
その力はスプロケットの取り付け部、つまりハブにかかってしまいます。
ハブは鋳造品なので簡単に割れてしまいます。
で、そのハブは15000円くらいでしょうか。
加えてホイルの組み直しと・・・・

そんなアクシデントが前マシンのWRで起こりました。

そんな経験を踏まえてDRCをセレクトしました。
このスプロケなら横方向の力がかかっても曲がるだけで済むでしょう。


二次減速比は、フロント12Tとリア52Tで4.3になりました。
元は3.7くらいなので、かなりローギアードになりました。


ガレや登りでのゼロスタートでは1速が丁度良い塩梅でクラッチワークも楽になりました。
ただ、やはり小排気量なので、2速が使えるヒルクは限られてくる感じです。
1速と2速の間が欲しいです(苦笑




最後はキャブレタセッティングですが、
前回購入したちょっと薄くなるニードルを1段目(最も薄い)でセットしてみたところ、
ある開度(1/4くらいでしょうか)で全くトルクが出ない症状が出現。
坂道発進で使いたい開度だったりして、全くスタートできず。。。

ボボボボって音じゃないので薄すぎると判定し、2段目に設定し直しましところ
これがバッチリ決まりまして、滑らかにつながるようになりました。
ほんの少し開けた所が濃い感じで煙多めですが、今のところ特に問題ないので、
しばらくはこのまま乗ってみようと思います。

まだまだ濃すぎて純正の設定ニードルではセッティングしきれないかと思ってましたので、
嬉しい結果でした。



走りの方はまた明日にしますか。。。