琴引マウンテンエンデューロ 2013 

体育の日がある連休は私の実家の町での祭りがあるのですが、
そちらにお参りする事も無くレースの為だけに帰省すること3年目。

入賞は無理だとしても全体の中での順位を少しでも上げるべく、
5月から体力トレーニングを続けてきました。(週1ですが)

ようやくその成果が白日のもとにさらされる日がやってまいりました。

Imgp2069.jpg
レース直前に台風が来たり、沢越え後のワダチ登りを警戒しVE33を投入してみました。
(タイヤが硬くて組み難いですね。ツーリストと比べて^^;)

今回のコンディションでしたらツーリストで問題無いと感じましたが、
フカフカ路面でのグリップはVE33が勝るのかなと。あと見た目も( ^ω^ )

さて、レースの内容はと言うと、
あわやスタート直後のウッズでリタイヤかと思われましたが^^;、そこそこ走れたかなと。
なんか急にエンジン止まりまして、相当な台数に抜かれた後でようやく再始動できました。
片道800キロの遠征が無駄足になるところでした。。。

途中小休憩もありましたが、酸素不足に陥る事もなく連続して乗れてました。
(前週の社内献血をキャンセルしただけのことはあります。いや、ランニング効果か。)

ただ、終盤は手と足の指が攣ってこれはなかなか厳しかった。。。


コースは島根県だけど恒例の広島仕様。今年はよりその色が強かったかと(笑
キャンバーとかそれプラス根っことか。何度フロントを谷へ落とした事か。。。


私が2周目に入った直後ヒゲのお方に抜かれました^^; 周回遅れです。
移動区間は安全運転の様子で後ろを着いて行ってましたが、
セクションに入った途端姿が見えなくなりました。

タコツボに限っては苦労されてるようでしたが、
各セクションを手堅くクリアする走破能力の高さにはやはり敵いません。


全体のレベルが上がってきているようですので、
今まで以上に努力しないとダメだなとそんな事を考えてました。


最後になりましたが、スタッフはじめ関係者の皆様、今回も楽しいレースをありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします( ^ω^ )
スポンサーサイト